レバ刺しで食べられる位新鮮なレバカツ

おいしいもつやき屋さんや、やきとり屋さんには秘密があります。
それは、朝絞めされたお肉をその日の仕入れて、その日に売り切ることです。
やはり鮮度が命なんですね。その日に締められたお肉のことを「デイゼロ」「Day0」といいます。翌日になると「デイワン」翌々日は「デイツー」そしてデイスリー、デイフォーとなっていきます。
やはりデイゼロのお肉は値が張ります。デイスリーとかのお肉を仕入れるとデイゼロの半値とかで仕入れることができますが、やはりおいしさも半減です。
もつやき優貴では、毎日芝浦の屠場からデイゼロを仕入れています。
毎日お肉屋さんがお肉を運んできてくれています。それを店でハンドメイドで串に刺しています。
だから、うちのもつやきは美味しいのです。

DSC_2531

そして、刺身でも出せる豚のレバーを、レバカツにしてお出ししています。
薄くカットして、揚げ時間を短くし、レバー特有のバサバサ感が出ないように工夫されています。さらに、何よりも、デイゼロのレバーを使用しているということが美味しさの秘結!!!臭みのないレバカツが出来上がります!!!
通常、レバカツなどに使われるレバーは、残り物が使用されることが多いんですよ!!
週一回位のペースで、レバカツを作っています。
食べたい方は、お気軽にお問合せください(^O^)

https://www.facebook.com/pages/%E3%82%82%E3%81%A4%E3%82%84%E3%81%8D-%E5%84%AA%E8%B2%B4/569407106444496

Facebookからコメントする

comments